猫の里親になりたい!という人へ

0127001

最近は猫ブームでペットショップもそうですが、里親募集サイトでも猫、特に子猫はすぐに貰い手が決まってしまうほど大人気です。
これから猫を飼いたいと思っている人にはペットショップやブリーダーからの購入ではなく、捨て猫や里親という形で猫を飼って頂きたいと思います。

さて、今回は「猫の里親」という事に焦点を絞って、猫の里親になるためにはどのようにすれば良いのかを確認してみたいと思います。
ちなみに、我が家の2匹のネコ’sは、捨て猫(親猫の育児放棄)を保護しました。

猫の里親になる方法

猫の里親になる方法はいくつかありますので、確認してみたいと思います。

その前に最低限の里親になるためにいくつか条件がありますので、確認してみましょう。

里親になるための条件とは?

誰でも簡単に里親になる事は出来ません。
ペットでも大切な命、その命に責任を持てないと里親にはなれません。

以前、里親になるための条件に特化した記事を書きましたので、まずは里親になるための条件を確認してみて下さい。

■猫の里親になる条件が厳しい

金銭的負担は大丈夫か?

動物を飼う為には当たり前ですが、お金が必要です。

エサも食べなきゃいけないし、トイレも準備しないといけない、その他にも猫を飼う為にはお金が掛かります。

以前の記事でその辺の準備について書いてますので、参考にして下さい。

■猫を飼う為の準備

ネットで猫の里親募集サイトをチェック

ボランティアで里親募集サイトを作っているところが多くあります。
市や県規模であったり、全国規模であったりとその大きさは様々です。

まずは、自分の住む市や県で里親募集している団体の有無を確認しましょう。

保健所保護動物の一部公開(里親募集)

保健所と言えば、殺処分という嫌な印象を持っている人も多いとおもいますが、殺処分される前に公開して里親を募集することが多いです。
自分の住む地域では、主に犬です。子猫はとても少ないです。

動物病院で里親募集している?

satooya06

結構、見落としがちなのが、動物病院です。
動物病院で里親を探しているところが結構あります。
近所に動物病院がありましたら、ダメ元で確認してみるのが良いと思います。

誰かが捨て猫を保護し、動物病院へ受診、しかし、家では飼う事が出来ない。
そういったパターンで動物病院が一時的に保護しているというケースが結構あります。

ジモティを活用して猫の里親になる

ジモティは猫に限らず、犬は勿論、もっと小さな小動物(ハムスター、うさぎ、フェレット…)その他、色々な動物の里親さんを募集しています。

【ジモティー】猫の里親募集掲示板です。里親を必要としている猫の情報が毎日更新されています。マンチカン、シャム、ペルシャなど様々な種類の猫が里親を募集していたり、産まれたばかりの子猫が出されていることもあります。また、飼い主の方と直接コミュニケーションをとれるので、細かい情報を聞くこともできます。

ハムスターを男女ペアで飼ってて、子供を沢山産んだ。という事例が結構多く感じます。
子猫も沢山掲載されているので、チェックしてみましょう。

猫の場合も、飼いネコが外で子供を作ってきた。
だから誰か貰って!というのが多いですね。

あとは「保護」された猫が多い。
捨てられた猫を保護したけど飼う事が出来ない。
といったケースですね。

知り合いから譲ってもらう

知り合いの知り合いの家で猫が子供を産んだ。
このケースも多いです。
猫を飼っている知人がいましたら、一度相談してみましょう。
猫好きの周囲には猫好きが多いですので、もしかしたら思いもよらない吉報があるかも。

猫を飼う前にしっかり勉強が必要

私も猫を飼う前から1年くらい勉強しました。
猫のトイレであったり、エサであったり、猫の習性であったりと、事前に知っておく必要があると思います。

猫が快適に過ごすことが出来る環境を事前に準備できれば、猫も嬉しいでしょう。

まずは、トイレとエサ、これは最低限勉強しておきましょう。

まとめ

長く続いている「猫ブーム」もあり、猫を飼いたいと思っている人も沢山いると思います。
見た目が可愛いからと、軽い気持ちで飼いはじめたのは良いが、家の都合、引っ越しや出産などにより猫を飼う事が出来なくなり、山に捨てる…

去勢もせずに放し飼いし、子猫が増え、手に負えなくなって山に捨てる…
E4BF9DE8ADB7E78CAB1
実際、このように猫を捨てている人が沢山います。

小さな猫ですが、猫を一生お世話する覚悟が必要となります。
また、金銭的負担であったりと思いもよらない事が起きる可能性があります。
猫の病気は基本保険が効きませんので、多額な費用となるケースが多いです。

それでも、飼いたい。と思う人は是非とも猫の里親になって下さい。
きっと、その負担以上に猫から得られるものが沢山あるはず。

私自身、偶然2匹の猫を拾い、猫との生活がスタートし、半年が過ぎ、もうすっかりと大きくなりました。
その間、避妊手術や検査、耳ダニなど、結構なお金が飛んでいきましたが、猫を飼っている事には全く後悔してません。
それ以上に、得るものは沢山あります。

EU版レボリューション/ストロングホールド(猫及び小犬用/2.5kg以下)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする