猫の暑さ対策

58617216_m


猫も人間と同様、暑さにはあまり強くないです。
しっかりと猫の暑さ対策をして、暑い日本の夏を乗り切りましょう。

猫と暑さの関係 猫の暑さ対策は必要なのか?

猫は人間よりも体温調整が上手く出来ません。

猫を見ても分かるように、全身毛が生えてます。
毛の生えていない所は足の裏(肉球)くらいですので、そこから体内の熱を放出しています。
言い換えれば、身体から体内の熱を放熱する事がほとんど出来ないと思っても良いかと。


ですので、猫の暑さ対策というのは絶対に必要です。

猫は体温調整が下手な動物

猫は自分で体温を調整するのがとても苦手です。
人間のように皮膚から大量の汗をかいたりすることができません。
なので猫は体温調整ではなく、自分自身が涼しい場所を探して、そこで暑さを避けて過ごします。

暑さに強い猫はどんな猫?

基本的に猫は暑さに弱いと思って良いでしょう。
しかし、猫には短毛種と長毛種があります。
短毛種の方が暑さには強いと言われています。
しかし、基本的には全身が毛ですので、猫の暑さ対策は短毛種、長毛種に関係なく必要です。





猫の暑さ対策をしないとどうなるの?

基本的に人間と一緒です。
熱中症にもなりますし、最悪、命を落とす危険性もあります。
そうならないように、猫の暑さ対策はしっかり行いましょう。

猫の暑さ対策

ペットショップやホームセンターのペットコーナーにも色々な暑さ対策グッズを売られています。
あまり沢山あってどれを買えばよいの迷っている人も多いと思います。
また、室内環境なども猫の暑さ対策として何が良いか悩んでいる人も少なくないはず。

室内環境をチェックしましょう

色々な猫の暑さ対策グッズが売られていますが、それらを買ったりする前に、まずは猫の居住スペースの確認が必要です。


閉め切った部屋で留守番をさせている、というのは絶対にNGです。


日中の気温が30度を超えるところであれば、室温は40度を超えます。
そんな環境で猫を飼うのは不可能です。


ただ、ワンルームのアパートやマンションなどで猫を飼う事は可能です。
2つの選択肢があります。


①空気が流れている


②エアコンが常時付けている


この2つのうちどっちかであれば大丈夫です。


①の空気が流れているというのは、部屋の窓を開けて空気を流すという事です。
部屋の対角線上にある窓を開ける事で風が流れます。
それにより、室内に熱い空気が溜まりませんので、猫は陽の当たらない物陰で日中過ごします。


網戸だと猫が破って逃げてしまうので、100均で売っているワイヤーメッシュを網戸の前に付けたりして網戸を猫が触れないように工夫が必要です。




②のエアコンですが、エアコンがあればまず問題はありません。
日中ずーっつ付けっぱなしでも電気料金はそれほど上がったりはしません。
28度で付けっぱなしが日中の留守には良いでしょう。




うちはエアコンもありますが、日中、部屋や廊下を解放してますので、よほど暑くなることが無い限り留守中にエアコンは付けてません。
真夏の室温は30度前後ですが、普通に生活しています。

飲み水は絶対に忘れちゃいけません

人間も猫も水分補給は夏場は特に命に関わるほど大切な事です。

また、猫の飲み水は最低、朝と夕方に変えるようにしてください。
ほんの数時間で水が腐るという事はないと思いますが、餌の食べこぼしや、猫の毛が飲み水に入ってしまう事があると思いますので、常に清潔を心掛けて下さい。


うちではずーっとピュアクリスタルを使ってますが、正直、これを使ってしまえば戻れません。
それくらい飲み水の管理が楽になります。
そして猫にも最高に美味しいお水を飲んで貰えるので猫も満足、ほんと良く飲みますよ。




扇風機よりサーキュレーター

風呂上りとか特に扇風機当たれば気持ち良いですよね。
しかし、猫はただ毛に風が当たるだけで、人間のように涼しいとは感じません。
ですので、猫に扇風機を当てる事はあまり意味が無いと言われています。
もし、扇風機があるのでしたら、天井に向けて扇風機を回して下さい。
サーキュレーターでも同様、室内の空気が溜まらないように、空気の流れを作る事が大切です。


特にエアコンを付けている部屋であれば、その効果はテキメン、お部屋全体が同じ温度になりますので、凄く快適(人間も)ですよ。

猫の暑さ対策グッズはこれだけでOK

さて、ようやく猫の暑さ対策グッズの話になりますが、今まで書いてきた事で実は暑さ対策はほとんどOKです。
猫が今以上快適に夏を過ごす為にオススメする物は大理石マット」です。


これは本当に評判が良いです。
犬も猫もどちらも夏の暑さ対策としては大理石のマットが人気があります。


まとめ

いかがでしたでしょうか、猫の暑さ対策について書かせてもらいました。
まとめると、猫の暑さ対策は絶対に必要で、人間と同じ脱水症状になったり熱中症になったり、最悪命の危険すらあり得ます。
そうならないように、しっかりと暑さ対策をして下さい。

EU版レボリューション/ストロングホールド(猫及び小犬用/2.5kg以下)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする