一人暮らしに最高の癒しは猫を飼う事

一人暮らし生活が続くと、癒しというのを求めてしまいますよね。
そんな時にを飼う事が癒し効果抜群です。

勿論、猫を飼うという事は、一つの大切な命を守る義務が生じますし、最後まで猫の一生を見届ける覚悟が必要となります。
家族の一員として迎え入れる事が出来る人には、猫を飼う事を強くオススメします。

なぜ一人暮らしに猫が良いのか?

猫の癒し効果というのは何となく理解できるかも知れませんが、なぜ一人暮らしの癒しとして猫は適しているのか。
それは猫の性格が大きく影響しています。

猫は単独生活が基本

これは犬との大きな違いで、猫は単独で生活します。
犬は群れで生活しています。

ですので単独行動の猫は日中仕事をして留守にするサラリーマンやOLでも楽に飼う事が出来ます。

犬はそういきませんし、留守中に寂しくてワンワンと近所に迷惑を掛ける可能性があります。

猫の世話は簡単で楽

動物のお世話は簡単で楽ではないですが、などに比べたら物凄く飼うのが楽です。

散歩を例にすれば、犬は朝と夕の1日2回の散歩が必要になります。
この散歩を怠れば、運動不足になり病気のリスクが高まります。
また、犬はトイレを散歩中に行います。
おしっこは室内でペットシーツにて澄ましますが、うんちは散歩中がほとんどです。

対するは、散歩は不要、トイレは室内に設置したトイレを清潔に使用します。
最近のトイレ用猫砂等により、トイレの臭いはほとんどありません。

ですので、飼い主はトイレに埋まっているうんちをスコップで片づけるだけです。
あ、おしっこも同様に猫用トイレで上手におしっこをします。

猫のトイレや我が家のトイレしつけなどを記事にしましたので参考にして下さい。

猫のトイレについて
ほとんどの猫はしつけというしつけは必要なく、自然に準備したトイレを上手に使う事が出来ます。 しつける程の事ではありませんが、どの...

猫は夜行性だから日中寝てる

留守にしている日中、猫はほとんど寝てます。
猫は夜行性ですので、ご主人様が仕事が帰ってきた時、元気にお出迎えしてくれます。
実際、自分の家の猫2匹は仕事から帰ってきた時に寝ていたという事は一度もありませんし、元気にじゃれたり甘えたりしてくれますよ。

猫は人間ではないですが、誰か(猫)が待っているところに帰るというのは良いものです。

まとめ

猫は癒し効果抜群で、絶対にオススメのペットですよ!という事を書きましたが、次回からはもっと具体的に飼うための準備や費用、その他色々と気を付ける事を書きたいと思います。
一人暮らしだけでなく、家族の新たな一員として猫を迎え入れる(我が家のパターン)というのも、色々なメリットが大きいですよ。

EU版レボリューション/ストロングホールド(猫及び小犬用/2.5kg以下)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする