猫などのペットの保険は本当に必要?その必要性は?

ペットの保険って必要あるのでしょうか?



必要性があるかどうかは人それぞれですが、個人的には絶対に必要だと思います。

ペット保険が必要な理由

我々人間は病院へ行くように、ペット(動物)も体調を崩します。
体調を崩した時に適切な対応をしてあげないと悪化したり、最悪亡くなってしまう場合は凄く多いです。


また、人間同様、ペットにも健康診断は凄く大切で、年に1回程度、動物病院で健康診断を受けている方も最近は多くなってます。
健康診断は飼い主にとっても安心してペットと暮らす担保となりますし、病気を初期状態で発見できたりと、メリットが大きいです。



ペットと動物病院はとても大切な関係ですので、ペットを飼う前に近所の動物病院を調べておく必要があります。



さて、そこで問題になるのが、費用です。


動物病院の費用は100%自己負担です。


その費用の何割かを負担してくれるのがペット保険になるわけです。



健康保険に加入しているのが会社勤めの方であれば当たり前です。
病院に通う通わないに関係せずに、義務感すら感じます。
ペット保険も同様の考えが必要です。


加入する人の多くは遅すぎる加入

ペット保険に加入する人のタイミングとして、ペットが動物病院に行って、あまりの医療費の高さに驚いて保険に加入するという人がほとんどです。


まさかこんなに掛かるなんて…という思いで加入した人が多いです。
ペット保険に加入するタイミングは飼い始めると同時に加入した方が良いです。


加入タイミングは早い方が絶対に良い




加入するペットの年齢によって保険料が変わります。


当然ですよね、病気になるリスクを考えれば、子供よりもお年寄りの方がリスクが大きいからです。
ですので、子供のうちに加入するのがオススメです。
また、小さいうちは結構体調を崩しやすいものです。
特に犬・猫など1ヶ月~2ヶ月の時期はちょっとした体調の変化が命に直結します。
そういう時も費用を気にしていたらペットに可哀想です。


メスに多い子宮の病気を頭に入れておこう



小動物に多いのが大人になった時に発症する子宮の病気です。
しかも去勢していないメスであれば高い確率で子宮の病気にかかります。


子宮がん、乳がん、などメス特有の病気の確率は人間よりも高いという事を覚えておきましょう。
また、オスでも人間同様に心臓病など人間と同じ病気になる確率が高いという事も覚えておきましょう。


先天性疾患は最初は分からない



例えば生まれたばかりの子猫を例にします。
見た目では分からない先天性疾患が結構あるのを知ってますか?
潜在精巣、横隔膜ヘルニアなどは去勢手術を行う前の検査で判明することが多いです。
潜在精巣の場合は100,000円程度の手術代が掛かり、とても保険無しで払うのは辛いです。


日常生活に潜む危険も多い



室内飼いの場合は特に危険なのが誤飲です。
留守番をするペットも多いと思います。
知らず知らずに小さな物を飲み込んでしまったりとうのは完全には防ぐ事は難しいと思います。
小さな異物でも消化器につまってしまうと手術になります。
確実に10万円を超える(20万円もありえる)手術費用が請求されます。



また、意外と多いのが猫の骨折です。


猫ってどんな高いところから落ちても平気と思っている人がいますが、結構簡単に骨折してしまいます。


特に1歳未満の子猫が多いです。
交通事故で骨折しちゃう子も多いです。
骨折は手術を要するのであれば、10万円以上は必要となります。


老猫・老犬に多い慢性病はお金を使い続ける



人間同様、年をとれば病気になるリスクは上がります。


しかも慢性病となれば、ずっと動物病院に掛かりっきりになるので、その費用はバカになりません。
猫に一番多い慢性病が、慢性腎不全です。


12歳を超えれば物凄い確率で慢性腎不全の発症率が高くなります。
12歳で10%程度、13歳で20%になります。


また、老年期に多い病気で、甲状腺機能亢進症なども挙げられます。


何の為にペット保険に入った方が良いか



ここまでの説明でペット保険の必要性、ペットが病気になるリスク、動物病院との関わりなど、ペット保険が必要な事は理解できたと思います。


病気の治療も勿論ですが、大きな病気でも初期状態だと完治も出来、今まで楽しいペットとの暮らしを続けることが出来ますよね。
財布と相談して、動物病院へ通院するかしないかを判断するのは危険です。
動物の体調は素人には分かりません。
ちょっとでも変だな~?と思ったら通院させる。
これがペットに対する愛情だと思います。
それを可能とするのがペット保険だと思います。



ペットにサプリメントなどで体調をケアしているように、動物病院にもすぐに連れて行く事の出来る状態でペットと暮らしましょう。

EU版レボリューション/ストロングホールド(猫及び小犬用/2.5kg以下)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする