猫の避妊手術はメリットが多い

室内で猫を飼う場合でも避妊手術はとてもメリットが多い、また、猫にとってもとても良い事が多いのを知ってますか?
室内であれば望まない妊娠もあり得ないから避妊手術しないという人も多いですが、避妊手術についてしっかり理解する事が大切です。

猫の避妊手術はメリットが多い

まずは、猫の避妊手術、オスは去勢(睾丸摘出)メスは不妊手術(卵巣、子宮の摘出)、これらを避妊手術と言います。

猫の避妊手術はお金も掛かりますし、手術の時は全身麻酔という事で、猫にも負担を掛けます。
それでも避妊手術をやる価値があるのか?
最終的には飼い主の判断になりますが、避妊手術のメリットを確認して正しい判断をして下さい。

メス猫の避妊手術のメリット

■メス特有の病気を高い確率で防ぐ事が出来ます。

代表的な病気として、乳腺腫瘍(乳がん)、子宮内膜炎、子宮蓄膿症、というメス猫に多い病気を高い確率で防ぎます。
また、命に関わる重い病気を阻止する事ができるので、飼い主は安心して猫と生活を共にすることが出来るのです。

■希望しない妊娠を防止

室内で飼っている場合でも、一瞬の隙を見て外に逃げ出し、帰ってきた時にはお腹に子供が…という事が結構多いです。
もし生まれてきた子猫を飼う経済的、時間的余裕があるのであれば、子猫も一緒に飼えば良い話ですが、そうでない場合、その子猫の将来はどうなるのでしょうか?
捨てる?保健所?いずれにせよ、人間も猫も望まない将来になる事は間違いないので、そうなる前に望まない妊娠は避ける事が大切です。

■発情期のストレス

猫が発情期に入ると鳴き声が煩くて困っている人が多いみたいですが、問題はその性欲が満たされずにストレスとして猫に襲い掛かっている事。
避妊手術を受ける事で100%では無いですが、猫の発情期の悩みから解放され、飼い主、猫、ともにストレスなく一緒に暮らす事が可能となります。

オス猫の去勢手術のメリット

■生殖器の病気を高い確率で防ぐ事が出来ます。

精巣を取り除くので、精巣腫瘍といった病気はほぼ確実に阻止できます。
また、前立腺肥大などの前立腺疾患の発生も高い確率で防ぐ事が出来ます。

■スプレー行為の防止

発情期になればオスはおしっこを飛ばす行為、スプレー行為を行います。
室内でも構わずおしっこを飛ばします。
室内飼いの飼い主さんはホント困りますよね。
そのスプレー行為をほぼ完全に防止することが出来ます。

オス・メス共通の変化

■性格が穏やか、甘えん坊になる

猫が小さいうちに避妊手術を行う事で、ずっと子猫の性格のままでいます。
最初の発情期を迎える前に行う事で、発情期というものを知りませんので、ずーっと子猫のままです。
勿論、例外はありますが、うちのメス猫2匹は、かなり甘えん坊のままです。

また、性格が穏やかになる事で、他のネコと喧嘩をしないので、猫白血病や猫エイズといった感染症のリスクも減らすことができます。

■よく食べる

これは仕方ない部分もあります。
性欲が食欲になってしまうので、性欲が無くなった分、食欲が強くなる傾向。
我が家のメス猫も、放っておけば規定量以上のエサを食べますので、減量用エサなどでカロリーを押さえたり、運動させたりして体重管理してます。

まとめ

実際に猫の避妊手術をやって感じた事は、やっぱり甘えん坊になる事、まだ10ヶ月くらいの子供ですが、生後5ヶ月に手術を受け、その時よりも甘えん坊になった印象です。
術後は全身麻酔ということで、ぐったりして手術しない方が良かったのか?とも思いましたが、それも3日くらいです。
獣医の先生が手術に耐えれると判断して行っていますので、その辺は獣医の先生に任せた方が良いと思います。

完全室内飼いでも、猫のストレス、猫の寿命なおに大きく影響しますので、猫を飼うのであれば、外でも内でも避妊手術は絶対に必要だと思いまう。

EU版レボリューション/ストロングホールド(猫及び小犬用/2.5kg以下)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする