猫をお風呂に入れる頻度はどのくらいが良いの?

お風呂ってどのくらいの頻度で入れたら良いのか、決まった頻度ってあるのでしょうか?


そもそも猫をお風呂に入れる必要があるのか?と思っているもいるはず。
猫の風呂について、その頻度や必要性、その他注意事項等をまとめてみました。

猫を風呂に入れる必要はあるのか?

猫は綺麗好きというのを知ってますか?
いつも毛づくろいをして、家猫であれば猫の臭いなんてほとんどしないと思います。
また、多頭飼いであれば、お互いを毛づくろいしあって、届かないところまで仲間がしっかりと毛づくろいをしてくれます。

年に数回という頻度で猫を風呂に入れている人もいると思いますが、猫は自分で自分を綺麗にする動物ですので、風呂に入れて猫用シャンプーなどを使って洗うという事は不要だと思います。

猫をお風呂に入れる必要がある時

■外へ放し飼いしている猫

外へ放し飼いされている猫は月1回などの頻度でお風呂に入れる必要があると思います。
それは、他の猫との接触により、ノミが付いたり、狭くて汚いところを歩いているかも知れませんので、一定の頻度で猫をお風呂に入れてあげる必要があると思います。


■抜け毛が凄いと感じた時

家の中で飼っている猫でも春から夏にかけては抜け毛が多くなる猫がいます。
ブラッシングをしても追い付かない。
部屋中、猫の毛が舞うくらい凄い抜け毛が…

と言う時はお風呂に入れてあげてあげると抜け毛がスッキリ取れますので、抜け毛の処理には抜群の効果があるでしょう。

猫は水を怖がる動物

猫は極端に恐れています。
ですので、お風呂は基本的に大の苦手です。
風呂に入れる必要が無い(室内飼い)のに無理してお風呂に入れるというのはやめた方が良いです。
また、濡れた毛を乾かす時のドライヤーも猫は怖がります。
寒い時期は特にしっかりと毛を乾燥させてあげないと猫風邪の原因になります。
そこまでして風呂に入れなくても、猫は清潔を保っていますよ。

<この動画のように怖がる猫が多い>

それに反してお風呂に抵抗が無い猫もいます。



猫はドライヤーを強く否定する

猫をお風呂に入れた時、ドライヤーを使って完全に毛を乾かしてあげましょう。
半乾きは猫が風邪をひいたりする原因になります。

しかし、猫はドライヤーが大嫌い

ドライヤーの温風ではなく、ドライヤーの「」を怖がってしまうのです。
ですので、弱い温風で猫から遠ざけてドライヤーを使う事が大事です。
猫が怖がって暴れたりしないように、ドライヤーは特に気を付けて使用してください。

まとめ

基本的に猫をお風呂に入れる頻度は特に決まってません。
また、室内飼いの猫はお風呂に入れる必要はないと思って良いでしょう。

猫を拾った初日にノミを落とす為い、または室内飼いでも抜け毛が激しかったり、そんな時はお風呂に入れてあげても良いと思います。

ちなみにうちのネコ2匹は、保護した猫ですが、見た目が綺麗だったので、今まで一度もお風呂に入れた事はありません。
猫から臭いにおいがしたこともありませんし、この先も特にお風呂に入れる予定はありません。

猫って飼って分かりましたが、物凄く綺麗好きで、全然臭わない動物です。

EU版レボリューション/ストロングホールド(猫及び小犬用/2.5kg以下)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする