猫の暑さ対策は必要なのか?



ac001


日本とっても暑い夏とっても寒い冬、春と秋は凄く過ごしやすいですけど、あっという間に終わってしまいます。


良く言えば季節の変化がはっきりしていて、1年を通して四季を堪能できる。


とは言いつつ、はかなりキツイですよね。


そして、7月になりました。
私の住む東北でも梅雨なのに連日30度超えてます。。。


今回は猫と暑さについて書きたいと思います。

猫は暑さに弱い?強い?



猫は暑さにも寒さにも強いとは言えないです。
それでは日本の30度を超える夏、家の中で飼う為にどのような対策が必要なのでしょうか。

閉め切りワンルームは危険



基本的に人間と同じだと思って下さい。
閉め切りワンルームは真夏、40度を超えたり恐ろしい温度まで上昇します。
ワンルームで猫を飼う事は可能ですが、それとこれとでは話が違います。

一人暮らしのアパートでも気軽に飼えるペットは猫
一人暮らしでアパートを探している人、一人暮らしでとても不安な人、最近はペット可のアパートが多くなりました。 ペットと...

日中、猫に留守番をさせるのであれば、防犯上の事もあると思いますので、窓は閉めて外出される人が多いと思います。
窓を開けて家の中を風が通る状態であればOKです。


ただ、アパートなどの場合、部屋の一つの窓を開けても風は通りません。
2ヶ所窓を開けないと風は通りませんので、その点、アパートは構造上難しいのではないでしょうか。


閉め切ったワンルーム、夏はエアコンなしで猫を留守番させるのは無理だと思います。
よっぽど日があたらないお部屋で日中の温度が外よりも低いお部屋であれば大丈夫でしょうけど、まずそんな部屋はなかなかありませんよね。
ですので、日中、エアコン付けっぱなしで留守中の室温を管理する方法が一番です。

留守中のエアコンは28度の付けっぱなしがベスト



人間にはちょっと暑い(涼しくない)と思える室温が猫にとって適している場合が多いです。
しかも、エアコンを常に付けっぱなしでも、28度設定だと電気料金もかなり抑えられます。
また、付けたり切ったりするよりも、つけっぱなしの方がエアコンは電気を食いません。

エアコン=電気料

それが頭に浮かぶ人も多いと思いますが、そこまで電気料金が跳ね上がるということは無いと思います。
今のエアコンは相当省エネです。

冷えた床が大好きな猫



うちの猫は暑い日、よくフローリング(日陰)でだら~っと寝てます。
部屋の中は人間では温度の変化を感じない、分からないところでも、猫は自分に最適な場所を探す事が出来ます。
涼しいところでず~っとじ~っとしてます。
そうやって暑さを凌いでいます。


日陰の床はとても猫にとって涼しくて気持ち良いです。
これに似た暑さ対策アイテムが多数売ってます。





このタイプの暑さ対策グッズがよく売れています。

猫の暑さ対策のポイント



まず、絶対にやってはいけない事は、日中でのワンルームでの閉め切り留守番はNGです!!


それは絶対にやってはいけません。人間と同じです。
人間よりちょっと暑さには強いというか、暑さを凌ぐ術を持っている。それが猫。
と、思った方が良いかも知れません。

ワンルームで猫を留守番させるには

①2ヶ所以上窓を開けて風を通す。

②エアコンを付けっぱなしに出来る。

これしか選択肢はないと思います。


先に紹介した暑さ対策グッズを使ったとしても、上記の2点が出来ないのであれば、それは意味がありません。
ワンルームで一番安心できるのがエアコンです。

今はかなり安く、電気料も思ったよりかなり安いです。


我が家の猫エリアは、日中(留守)は2階が猫エリアになります。
一戸建てですので、猫専用の部屋と廊下やロフトなど、結構自由に行き来して暑さを凌いでます。
エアコンを付けるのは7~8月の真夏日くらいです。


帰宅後(夜)は1階も解放し、窓は開けれないので、エアコン付けっぱなしです。


一時期、ひんやり枕を使ってみたりしましたが、基本的に保冷剤なので、今度は湿気が出てきて良くなかったです。


暑さ対策グッズは大理石等の物がオススメです。
部屋の中が風が通って、そういう大理石などの暑さ対策グッズを日陰に置く、これが一番自然に近い猫の暑さ凌ぎ、そしてお財布にも優しいですね。



まとめ

猫は暑さ寒さには弱いと思った方が良いです。
しかし、それを凌ぐ術は優れているので、過ごしやすい環境でじーっとして暑さを凌いでいます。
ただ、ワンルームの閉め切りや、人間でも耐えれない環境で留守番をさせる事は、絶対にやめて下さい。
暑さ対策グッズに頼るのも良くないです。
ワンルームで窓を開けれないのであれば、エアコンを使って日中留守番させる。
28度キープであれば、電気料は思ったより安いです。
付けたり消したりするよりも、28度キープが一番節約です。


7月~8月、この時期は常に30度を超える気温になりますので、ちゃんと猫の過ごしやすい環境を作ってあげてください。

EU版レボリューション/ストロングホールド(猫及び小犬用/2.5kg以下)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする