猫がエサを噛まない事について

img_bac1e06a6fd28d266234d684f8c2b34d156123

うちのネコはエサ(カリカリ)を噛まないで丸のみする…」これって大丈夫なの?

という事を気にしている人がいると思いますが、実際のところ猫がエサを噛まないで丸呑みすることで何か影響があったりするのでしょうか?

猫がエサを丸呑みするのにはワケがある



食べるのが極端に早い、食べている時にカリカリとエサを砕いている音がしない。


飼い主としては「もう食べたの?ちゃんと噛んでる?噛まないで丸呑みしてない?」と、思ってしまいますよね。


まず、先に伝えておきますが、猫はエサを噛まないで丸呑みするのは病気でもなんでもありませんし、消化や栄養吸収に何も影響はありません。

猫がエサを噛まない理由

それは猫からすれば、「噛まずに丸呑みが基本」なのです。
猫の歯は人間の歯ようにすり潰す歯ではなく、獲物を歯で飲み込みやすく小さく切る役目です。
ですので、逆にエサ(カリカリ)を「バリバリ」と噛み砕いて食べる方が自然界のネコとしては珍しいものです。
家猫の特徴ともいえるでしょうね。


また、自然界のネコは、家猫のように決まった時間に決まった量のエサが食べられる環境ではありません。
頑張ってとった獲物(ネズミとか)を誰かに取られないように、早く食べる習性が身についてますので、早く食べるのです。


人間からしたら「そんなに急いで食べても誰も取らないよ~」って思いますが、猫は違うのです。

猫の歯は噛むことに適していない

先にすこし説明しましたが、猫の歯は奥歯も尖がってます。
人間のように奥歯ですり潰す為に平にはなっていないのです。
また、猫の尖った奥歯は猫のエサを噛まずに丸呑みするのに凄く適した役割をしているのです。
丸呑みとは言いつつ、奥歯が飲み込みやすく小さくしています。


猫の歯の役割にすり潰す役割はありません。奥歯で食べ物を小さく切るのがそれに近い役割だと言えます。

cat416

上の画像のように猫に人間のような食べ物をすり潰す平らな部分はありません。

猫がエサを噛まない代わりに内臓がしっかりサポート

猫がエサを噛まないで一気に早食いをする姿って、ちゃんと栄養とか吸収できるの?と、思いますよね。
猫のごエサの食べ方、人間ではちょっとあまり良くない食べ方のように思えます。
しかし、猫の胃や腸は、その丸呑みをしっかりとサポートしてくれる働きをします。
丸呑みした食べ物でも消化吸収がしっかり行われているのです。
内臓機能的にも猫がエサを噛まずに丸呑みすることは本来の内臓の機能を使うわけで、特別内臓に負担を掛けたり、何かの病気とかではないのです。

猫がエサを噛まない事で起きる弊害

結構内臓ばかりに気を使ってしがちですが、実は猫がエサを噛まない事で起きる弊害として「歯石」の問題があるので。

shiseki01

歯石は歯垢がついて放置していれば、徐々に歯垢が歯石になって歯石が溜まってしまいます。
歯石の除去は最悪、全身麻酔で行うので、猫の身体にも財布にも負担が大きいです。
そうなる前に歯垢を除去すれば良いのですが、なかなか猫の歯を磨くのは難しいケースが多いです。


歯垢・歯石を防ぐ為にはカリカリを噛む事が大切


歯垢は猫のエサによって付きやすかったりします。
ウェットフードを毎日食べさせている猫は要注意です。
ウェット+カリカリを混ぜて与えている場合も同様注意が必要です。


カリカリを噛むことで歯垢を除去できる

こういうオヤツを食べさせることで歯垢を除去することが出来ます。
しかし、普段からエサを噛まないで丸呑みする癖がついている猫には効果が期待できません。
ですので、家猫であればある程度カリカリを噛んでもらう事が猫にとってもメリットが大きいと言えるでしょう。

猫に餌を噛んでもらう餌を選ぶ

猫がエサを噛まずに丸呑みするのであれば、丸呑みし難い餌を選ぶことも大切だと思います。
まだ子猫(生後1年未満)のうちは小粒でも良いと思いますが、1歳過ぎたら比較的丸呑みし難い餌を選びました。

注目するポイントは、猫に餌を噛んでもらう形状です。

実際、私の家のネコは、俵状や球状は基本、飲みますw
出来るだけ平らな物であれば噛んでくれています。
カナガン

アイムス、この2つはとにかく良く噛んでくれます。

ロイヤルカナン、モグニャンはそれはそれは良く飲みますw

とか言いつつ、健康とエサの予算のバランスが大切なので、すべてカナガンというワケにはいきませんよね。
うちでは、丸呑みするエサと噛んでくれるエサを混ぜたりして、調整しています。
100%丸呑みよりはちょっとでもエサを噛むことを覚えてほしいので。

まとめ

猫がエサを噛まずに丸呑みしている姿は、人間から見たら「大丈夫?」と思ってしまいますよね。
でも、猫はそれが普通。当たり前の食事方法なのです。
しかし、後半に書いたように、歯石の問題を考えればカリカリをしっかりと噛んで食べてもらいたいですよね。
歯石取りは数万円+全身麻酔ですので、猫の身体、飼い主の財布にも結構な痛手です。
デンタルケアとしてオヤツも販売されていますので、それをカリカリと砕いて食べてくれれば、歯石、歯垢の問題対策にもなりますからね。

EU版レボリューション/ストロングホールド(猫及び小犬用/2.5kg以下)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする