一人暮らしのアパートでも気軽に飼えるペットは猫



neko0111001

一人暮らしでアパートを探している人、一人暮らしでとても不安な人、最近はペット可のアパートが多くなりました。
ペットといっても飼いやすい動物、飼いにくい動物と様々ですが、色々な面でを飼うのがオススメ。
なぜを飼うのが良いかを紹介しますね。

一人暮しのアパートで人気のペットは?



一人暮らしで飼う事が出来るペットとして人気のあるのが、ハムスター、犬、猫、ウサギ、鳥類、魚類、昆虫、爬虫類などが挙げられます。


ランキング的には、

1位 猫

2位 犬

3位 魚類

となってます。


最近の猫ブームも追い風となってか、猫が根強い人気みたいです。

飼い主が求めるのは「癒し」



これは自分自身も感じていますが、猫を飼って一番実感しているのが「癒し」です。


仕事から帰ってきて猫と遊んだりエサをやったり触れあう事で、その日の疲れは吹っ飛びます!


それくらい、猫に癒される毎日です。


仕事やプライベートで嫌な事があった時、体調がすぐれない時など、気持ち的に凄く癒されます。

なぜ一人暮らしに猫が良いのか?



犬の方が飼い主に忠実でよく懐くと言われています。
それなのになぜ猫が一人暮らしにオススメなのでしょうか?


・適度な距離感が良い


犬は飼い主が全て、飼い主の為に、飼い主が喜んでくれる事を積極的に行い褒めてもらう事に喜びを感じます。


対する猫は、いわゆる「ツンデレ」ですので、飼い主をボスとは思ってません。


猫は猫のペースで生活します。


ですので、犬のように飼い主に忠実な生き方はしません。


しかし、甘える時は結構甘えます。


そのギャップが何とも言えません。


さて、なぜ一人暮らしに「」なのか、それは人間の都合になってしまうのですが(ペットはすべてそう)、猫は猫で上手く暮らせるという事。
与えられた環境を自分の縄張りとして認識し、そこで上手く生活してくれます。
ですので、飼い主としては凄く楽なのです。
これも人間の都合になりますが、犬のように散歩をする必要もありません。


この毎日の散歩を覚悟して犬を飼って、後から後悔する人も少なくありません。


また、猫は留守番が得意です。
猫は夜行性、日中、誰も家に居ない時間帯は、しっかり寝てます。
ですので、飼い主の心配をよそに猫はうまいことやってますw

一人暮らしのアパートで猫は狭く感じるのでは?



アパート、都会の狭いワンルームの部屋であったりと、猫にとっては狭く可哀想、と思う人も居ると思います。
確かに外で飼ったり、室内飼いでも一戸建てなど、ワンルームよりは猫にとって良いと思われる環境がありますが、一人暮らしのアパートでも猫を飼う事が出来ます。

猫は広さよりも高さ



猫は犬のように走り回る事よりも、高いところに登る事が出来れば、それほど面積は必要ありません。
6畳ワンルームでもロフトやキャットタワーなど高いところに登る事が出来れば大丈夫です。
そもそも、猫は野良猫でもそれほど縄張りが広くないんです。



キャットタワーはお部屋のインテリアとしても良いですよ。

猫の飼い方は超簡単



超簡単」と書きましたが、猫の命を最後までしっかりと面倒を見る覚悟で飼わないといけません。


「手軽に」というのはNGですので。


飼う方法が凄く簡単という意味です。
猫を気軽に飼ってはいけません。
気軽に捨てられた猫を拾ってきてはいけません。


飼うなら最後までしっかり責任もって飼う!!です。



さて、飼い方について「超簡単」と書きました。


具体的には、

①散歩がいらない

②日中は留守番可能

③費用が安い(犬に比べて)


などが挙げられます。

①と②については先に書きましたので割愛。

③の費用に関してですが、1ヶ月3000円あれば十分猫を飼う事が出来ます。


別途、去勢・避妊手術、ワクチン代などの病院費用は除きます。

何かと高額な動物病院ですが、ペット保険に加入する事で、負担を軽減する事ができます。

ペット保険については過去に記事を書いたので、以下を参照して下さい。

猫などのペット保険は本当に必要?その必要性は?


定期的にかかる費用は、エサ猫砂、これくらいです。

爪とぎで壁がボロボロになる?



猫は爪を研ぐ事で、古い爪(層になってる)を剥がします。
その行為を壁や床でガリガリと…


それはしっかりと爪とぎのしつけがされていないからどこでも爪とぎをしてしまうのです。


爪とぎ器を設置して、ちゃんと所定の場所で爪とぎをやれば、壁も床も家具も爪でボロボロになるという事はありません。


実際、私の場合、2匹で爪とぎ器を1台設置してますが、壁も床も家具も平気です。
爪とぎ器での爪とぎがいかに心地良いかという事でしょうね。


他で爪を研いでもあまりしっくり来ないと猫自身も思っているのではないでしょうか。

まとめ



猫を一人暮らしで飼えるか?
ペット可のアパートが増えていますが、小動物(ウサギやハムスター)は勿論、猫もちゃんと飼う事が出来ます。
ワンルームで猫を飼う事が猫にとって不幸な事ではありません。
室内飼いすることで、野良ネコの寿命より長く健康で生きる事ができます。


野良猫は喧嘩して病気が感染し、命を落とす事が多いです。
また、交通事故も多いです。
室内で飼う事でそのようなリスクをなくすことが出来ますし、何より猫が健康で長生きできる環境が室内飼いだと思います。
実際、猫の寿命も室内飼いと野良猫とでは3~5年も違います。


一人暮らしでペットを飼いたいと思っている人、是非とも猫ちゃんも候補に入れてあげてくださいね。

EU版レボリューション/ストロングホールド(猫及び小犬用/2.5kg以下)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする