これから猫を飼いたいと思っている人へ

猫を飼いたい!!と思っている人が最近すごく多いように感じます。
私の周りでも猫を飼いはじめたという人がいますし、猫ブームですので。


猫を飼いたいと思ていなくても、飼わざるを得ない人も意外と多いはず。
これ、自分はそうでした。
誰かから譲ってもらう、ペットショップで買ったなど、計画的に猫を飼う事が出来るのであれば、良いのですが、いきなり猫がやって来たという例が結構多いですよね。


安易な気持ちでなんか飼っている人は居ないと思いますが、仕方なく捨て猫を引き取る場合でも、やはり生き物を飼うという事の大変さを知って、本当に自分に育てれるのかを判断して飼って欲しいです。

猫を飼う為に必要な事、必要な物

先にも書いたとおり、猫を飼う為には自分が本当に育てれるのかを判断する必要があります。
例えば、道端に弱り切った子猫がいたとしても、保護して育てたいと誰もが思うでしょう。でも、本当に育てる事が出来るかを判断せず保護する事はしてはいけません。


冷たい事を言うと思いますが、野生の猫は野生の生き方があり、家猫は家猫の生き方があります。

金銭面の問題

猫は比較的お金の掛からないペットです。
それは自分でも実感出来ています。

だいたいの目安ですが、1ヶ月5,000円もあれば十分だと思います。
上を見ればキリがありませんが、標準的なエサを食べさせて飼うのであれば、1ヶ月5,000円で大丈夫です。
この5,000円というのは、主にエサ代(2,000円)、猫砂(1,000円)、ペット保険(1,000円)、ペット病院用の積み立て(1,000円)、だいたいこんな感じかと思います。
これが、1ヶ月での猫費用として今の出費にプラスされると思って下さい。

ペット保険とペット病院に関しては保険に入るか入らないかでかなり金額が変わってきますので、過去の記事を参考にして下さい。

■猫にペット保険は必要か?
■猫などのペットの保険は本当に必要?


また、猫を飼う時、一時的に必要な費用、準備する為に掛かる費用とかも確認しておくべきです。

猫を飼う為の準備費用はいくら必要?
普段から猫を飼いたいと思っている人、猫を飼うきっかけというのは様々で、私も猫がとっても好きで飼う前から色々と猫について調べ...

家族の問題

猫と一緒に暮らすワケですので、その居住空間が猫にとってどうなのかも予め確認しておくことが大切です。


以下の確認が必要です。

  • 家族が一緒に暮らしているのであれば、家族全員が猫を飼う事に賛成している。
  • 家族に猫アレルギーの人がいない。
  • すでに他の動物を飼っている。
  • 高齢者の一人暮らしではない
  • 2日間以上の外泊をしない
  • 猫が好き



上記の条件であれば普通に猫を飼う事は出来ると思います。
うちも子の条件はクリアしてます。


この条件で2日間以上の外泊をしないとありますが、成猫の場合、1泊2日の旅行や外出であればあまり問題はありません。
猫のエサとトイレの問題さえクリア出来ていれば大丈夫です。


カリカリ餌の場合、日持ちもしますし、家猫であれば、与えた分を一気に全部食べるという事はあまりないです。
野生の野良猫だったら食べれる時に腹いっぱい食べる!かも知れませんが、決まった時間に毎日エサを食べれる=エサの心配がない、という生活に慣れているので、置きエサをしても食べたい気分の時に食べますし、無駄に沢山食べたりはしないネコが多いです。
ですので、2日分程度の置きエサをすれば良いです。
また、自動給餌器を使えば間違いないですね!!

色々とその類の商品が出ています。


そしてエサとセットとして考えないといけない飲み水ですが、うちでは自動給水器を使ってます。

これと同じものを使ってます。
自動給水器は面倒な水替えを自動で行うというのもその役割ですが、しっかりとフィルターを通して人間でも美味しいと思える水を常に飲めるという大きなメリットがあります。


水をお皿で与えている場合、猫の毛やエサの食べこぼしなどが飲料水に入ったりと衛生面でも良くないので、常にフィルターを通して流れている自動給水器は本当に助かってます。


ちなみに、自動給水器は猫が小さい時に使い始める事をオススメします。
野良経験の長い猫はなかなか飲んでくれないという事もあるみたいです。
うちは生後2ヶ月くらいから自動給水器を使っています。


トイレの問題については、飼っている猫の数以上のトイレを設置、出来ればスノコ型のシステムトイレを使用する事をオススメします。


普通の猫用トイレは、猫砂と尿が反応し、猫砂が固まったりするのが一般的ですが、スノコ型+パインウッドのトイレをオススメします。


まず、普通のトイレに比べて手間が大きく省けます。
トイレの種類については過去の記事を参考にして下さい。

猫のトイレについて
ほとんどの猫はしつけというしつけは必要なく、自然に準備したトイレを上手に使う事が出来ます。 しつける程の事ではありませんが、どの...
猫のシステムトイレってどんなトイレ?
猫のトイレの種類 猫をこれから飼う人であれば、どのようなトイレが存在してどのようなトイレが相応しいか、悩みどころですよね。 ...

実際に猫を飼ってみて(私自身)、猫を飼うのは意外と楽です。


私は猫を飼う前から猫を飼う事を少し勉強しましたが、猫は結構自由気ままにマイペースで暮らしてます。





意外と簡単に飼う事が出来るのは猫

簡単に飼えると言っても、動物の命ですので、その辺は誤解せずに。
ここでいう簡単とは、飼う為の条件についてです。


例えば犬に比べても猫を飼うのはとても楽です。
一番負担が大きいと思われるのが、散歩が必要ない、です。


猫を飼うまでは、正直言いまして猫より犬が好きでした。
でも、好きなだけでは飼う事は出来ません。
実際に猫を飼ってみてそう感じました。
朝・夕の散歩。
しかも、冬は雪も降りますし、夏は台風も来ます。
それではよほどでない限り散歩は必要です。


猫を飼う事は意外と簡単という事を以前記事に書きましたので、併せて読んで頂けたらと思います。

一人暮らしのアパートでも気軽に飼えるペットは猫
一人暮らしに最高の癒しは猫を飼う事

まとめ

今回はこれから猫を飼いたいと思っている人へ向けた記事になりましたが、思っているよりも猫を飼うのは難しくはないです。
確実に犬よりは楽です。費用面も含め。
ただ、やはり自分の家に新しい家族を迎えるワケですので、それなりの準備、飼う為の条件というのはあります。
その条件をクリア出来ているのであれば、猫を飼う事は出来ます。
実際、私の体験談からの記事ですので。

EU版レボリューション/ストロングホールド(猫及び小犬用/2.5kg以下)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする