猫のプレミアムフードは何が人気?

nekofoods

プレミアムフードは何が人気なのでしょうか?また、猫のプレミアムフードとは一体どういったエサの事をいうのでしょうか?
プレミアムフードについて調べてみましたので記事にします。

猫のプレミアムフードの定義

これがプレミアムフードだ!という定義はありませんが、値段と成分である程度判断出来ます。


猫のプレミアムフードの場合、1kgで800~1,200円以上、かつ成分表のトップに非穀物類が書かれている物。
この判断基準で大丈夫かと思います。


プレミアムって言うくらいなので、一般に売られている普通のエサとはちょっと違った特別なエサ、それがプレミアムフードなんでしょう。

プレミアムフードの良い点

猫の為に考えられた特別なエサですので、余計な物が含まれておらず、猫の為に研究し、沢山の時間を要して作ったエサ。
そして使う原材料にも拘りを持っている。
と言ったところでしょうか。

これは人間にも言える事で、海外産のお肉と、国産黒毛和牛の違い、みたいなもんです。

なんだか普通のキャットフードが「悪いエサ」みたいに思えてきましたが、そうとは言えません。

だって、人間だって身体に良いとは思えないお菓子などを沢山食べているくらいです。
普通の猫用のエサは、人間のお菓子よりは遥かに身体の為に考えられて作られたエサだと思いますよ。

プレミアムフードが与える影響

我が家ではプレミアムフードと思われるエサとしては、ニュートロ・ナチュラルチョイスを与えています。
生後2カ月くらいから飼いはじめていますが、その時からニュートロでしたが、普通のエサとの違いは特に毛艶は抜群に違うと思います。





普通のエサ、1kg100円とかそのレベルのエサを食べている猫とは、全然違います。

また、猫の臭い、獣臭?がほとのしません。
ほんと猫を飼っているの?と周りの人に言われるくらい、猫の臭いがしません。

しかし、うんちの臭いは、やっぱり肉中心の食生活のせいか、しっかりと人間のそれと似た臭い。。。
猫はうんちを砂で隠す習性がありますので、うんちを隠しちゃえばほとの臭いません(砂にもよりますが)。

猫の便は猫の健康状態を把握するのにとても大切で、主に硬さは、硬すぎず柔らかすぎず、若干コロコロしたようなうんちが良いとされていますが、うちのネコ達はずーっと良い状態で排泄しています。

猫の腹持ちが違う

穀物類が多く入った、カサ増ししているエサは沢山食べてもすぐにお腹がすいて、飯くれ~!の催促が訪れます。
でも、プレミアムフードは、しっかりと肉と魚を中心とした食生活になるので、満腹感が長時間キープ出来ると言われています。

とはいうものの、うちのネコ達は、催促しますwww

猫に不要な物がエサに入っていませんか?

本来猫は肉食ですので、穀物類は猫には不要とされています。
食べなくても生きていける動物なんです、猫って。

今食べている猫のエサの原材料を見て下さい。

原材料に穀物類が記載されていませんか?

原材料の欄は上に書かれている物から多い成分ですので、穀物類がトップにあるエサは猫に不要とされている物が一番多く含まれているワケです。

エサに穀物が入っている理由は何?

猫のエサに穀物が入っている理由は、「カサ増し」が実は一番の理由と思います。
当然、すべて肉や魚でキャッとフードを作るとコストが掛かりますよね。
でも、食物繊維などお通じを良くするために、ビートパルプなどをわざとエサに入れていたりと、悪い事ばかりではないんです。

猫の一般的なエサに含まれている主な穀物は、とうもろこし、大豆、小麦などが挙げられます。

猫のプレミアムフードで人気なのがダントツ「カナガン」

カナガンという名前、猫や犬を飼っている人であれば知って人も多いはず。

カナガンについては前に記事を書きましたので、詳しくは過去記事をご覧ください。

<過去記事>
カナガンのキャットフードが人気のワケ






カナガンはこんな猫にはおすすめ

猫は好き嫌いが多い動物です。
こんなまずいの食べるよりは死んだ方がマシだ!と思う猫もいるみたいですし…

カナガンは一応、100%のネコが食べたと公表していますが、実際、食べなかった猫もいますし、100%絶対という事はないですよね。
このカナガン、色々と調べていると、猫の体調が悪い時、そして猫に多い腎臓の病気になってしまった猫に凄く良いエサだという事がわかりました。

腎臓が悪く、下痢や嘔吐を繰り返していた猫にカナガンを与えたら、、、
下痢や嘔吐の回数が確実に減ったみたいです。

そして勿論グレインフリー(穀物類ゼロ)ですので、猫の健康の為に良質なエサである事は間違いないので、猫の健康を第一に考えている人はカナガンを一度試してみてはいかがでしょうか。




まとめ

こんな記事を書いといて、実は我が家ではカナガンを食べさせていません。
それは、経済的に厳しいからです。
2匹のエサをカナガンに切り替えるのは経済的に結構な出費です。
ですが猫には健康で長生きしてほしいので、他のグレインフリーを与えています。
カナガンの半分の値段で買えます。
しかしスパーのペットコーナーで安売りしているエサとは雲泥の差の成分です。
本当はカナガンを与えたいのですが…

もうちょっと安くなって欲しい!!というのが本音です!!

EU版レボリューション/ストロングホールド(猫及び小犬用/2.5kg以下)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする