猫のかゆみは病気?猫のかゆみは放置して大丈夫?

のよくある病気で、かゆみを伴う皮膚病があるのを知ってますか?
ただ皮膚がかゆいだけだから黙ってればそのうち治るんじゃない?
と、思っている方もいると思います。


また、我々人間にもあるように、猫もちょっとかゆくなったから搔いただけかも知れません。
その程度であれば問題はありませんが、猫のかゆみを伴う皮膚病はとても身近で、どの猫もそれに罹る可能性があるので、知識だけでも知っていて良いでしょう。

猫のかゆみを伴う代表的な病気




特に家と外を行き来することができる猫ノミダニには要注意です。
他の猫と触れ合う事で高い確率でノミやダニを持っていると思っても良いでしょう。


猫がかゆがって仕方ない。常に身体を搔いている。
そういう場合、可能性が高いのがノミです。

猫に寄生するノミのかゆみは恐らく一番猫がかゆいと感じるレベルだと思います。


ノミはよく見れば肉眼でも確認できますが、ノミ(成虫)が見つからないと思っても、皮膚の毛根付近に黒い小さな粒(ノミの糞)が見つかる事があります。
13
もし、そのような黒い小さな粒が発見されたら、ノミがいると思って間違いないです。
しっかりと駆除しないといけません。


一匹のノミではなく、沢山のノミに刺される事で物凄いかゆみが出ます。
このことを「ノミ刺傷」と言います。


また、ノミに繰り返し血を吸われ、ノミの唾液にアレルギー反応を起こす「ノミアレルギー性皮膚炎」があります。
ちなみに、ノミアレルギー性皮膚炎は一匹のノミでも症状が出る猫がいます。

猫に寄生したノミは人間にもうつる



実は猫に寄生するノミは人間にもうつってしまうんです。


人間に寄生したノミは猫と同様に人の血を吸います。
そうやって被害の範囲を広めるのがノミの恐ろしいところです。

もし猫にノミが寄生したら

まず、動物病院に連れて行き、ノミを駆除してもらいましょう。
そして可能であれば外に出す事を控えた方が良いと思います。


先に書いたように、猫のノミは簡単にうつってしまいますので、動物病院で定期的に駆除薬を使って予防投与している人が多いです。
月に1回、ノミとダニの予防ですね。


可能であれば、完全室内飼いにすればかなりの確率でノミやダニの被害は防ぐことが出来ますが、今まで外と家を行き来していた猫にとって、いきなり完全室内というのは結構なストレスになり兼ねません。

これも相当かゆい猫の「耳ダニ」

普通のダニではなく、猫の耳に寄生するダニの事を耳ダニと言います。
この耳ダニは本当に見てて可哀想なくらい、強烈なかゆみを伴います。


猫の耳ダニについてはウチの猫も経験してます。
過去記事に耳ダニについての記事を書きましたのでそちらを参考にして下さい。


猫が耳を痒がっている時はどうすれば良い?
猫の耳ダニ退治はレボリューションが効く
猫に人気の保険、ペッツベストの評価は?

まとめ



猫は結構ちょこちょこ色んなところを搔いていますが、常に搔いている、とてもかゆそうな感じ、と思ったらまずは動物病院に行った方が良いです。
かゆいのが続くのは猫にとって大きなストレスになります。
また、ホームセンターとかで安価に売られているノミやダニの駆除薬(塗布するタイプ)を一時的(ノミ発生時)に使って対処している人もいますが、意外と薬の成分が強いので、安心して使える駆除薬の専門店て売っているお薬を使った方が良いと思います。



EU版レボリューション/ストロングホールド(猫及び小犬用/2.5kg以下)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする