猫の耳の中に黒い点々が…これって病気?

mimidani01

猫の耳の中に黒い点というか黒い耳垢?と思われる物が見られる事がよくあります。


そんな時疑われるのが、殆どの場合「耳ダニ」です。


うちの猫も耳ダニで動物病院にお世話になりました。
室内で飼っていても、野良出身の猫であれば、耳ダニを持っている可能性があります。


今回は耳ダニについて勉強してみましょう。




猫の耳ダニってどんなの?



■レボリューションと同成分「ストロングホールド」


よく「ダニ」という言葉はよく聞きますが、ダニが耳に付けば耳ダニ?と思っている人も少なくないと思いますが、全くの別物なのです。


耳ダニとは「ミミヒゼンダニ」または「耳かいせん」とも呼ばれています。


犬や猫など肉食系の動物の耳に生息するダニです。
耳垢や分泌物などをエサとしていて耳のなかだけにいます。

耳ダニになるとどうなる?



耳ダニに感染すると強い痒みが出ますので、しきりに耳を足で引っ掻くようなしぐさを何度も繰り返します。
あまりの痒さに鳴き声も一緒に出たりもします。
うちの猫はニャッニャッっと言いながら耳を?いてました。


放置しておくと耳ダニがどんどん増え、痒みが一層増し、耳垢の量も多くなります。


とにかく痒いので耳を?きますので、耳を搔きすぎて出血したり、皮膚炎になることも珍しくありません。

耳ダニを治すにはどうすれば良いの?



まずは動物病院へ行きましょう。
動物病院では直接猫の黒い耳垢を顕微鏡で検査し、それにより耳ダニか否かを判断します。


耳ダニと判断されたら、レボリューションと呼ばれるお薬を猫の皮膚に塗布するだけです。


治療はこれだけです。


レボリューションを動物病院で処方してもらう為には検査が必要という事で、うちの猫2匹で8,000円くらい掛かりました。
動物病院によって料金は変わると思いますが、検査しなくても耳ダニと判断できるじゃん!と、思うけど、ダメみたいです。
検査は必須みたいです。


実際、うちの猫は2度、動物病院で耳ダニの治療を行いましたが、次は自分でレボリューションを安くなって塗布しようと思ってます。


猫の耳ダニを治療する時のポイントは、

  • 何度も繰り返し駆除を行う
  • 耳ダニに感染している猫が複数いる場合同時に駆除を行う
  • 耳垢やゴミの掃除をきちんと行う

耳ダニに効くレボリューションは耳ダニの卵には効き難いのです。
レボリューションを塗布した時に耳に卵がある場合、その卵は死滅せずに、成虫になってしまう可能性が高いです。
ですので、一度レボリューションを塗布してから3週間~4週間後に再度レボリューションを塗布するのが良いでしょう。


また、2匹以上で猫を飼っている場合、他の猫も耳ダニに感染している可能性が高いので、一緒に住んでいる猫すべてにレボリューションを行うようにして下さい。
耳ダニは猫同士だと高い確率でうつります。

耳ダニは人間にうつる?



厳密に言うと人間にも耳ダニはうつります。
しかし、人間に感染しても一時的に痒みやブツブツなどがあるみたいですが、人間には寄生できないので、しばらくすると死んでしまいます。
猫の耳ダニは人間にうつっても寄生できないと思って下さい。

耳ダニを予防する方法は?



猫の耳ダニは高い確率で予防する事が可能です。

  • 完全室内飼いにする
  • 部屋を綺麗にする
  • 耳掃除を定期的に行う



そもそも耳ダニは外で暮らす猫同士で感染するもので、室内で飼っている猫にはあまり感染するリスクは少ないです。
しかし、例えば人間が野良猫を触って、その時に耳ダニが服に付着したまま帰宅し、家で飼っている猫に耳ダニを感染させてしまうという事は有り得ます。

まとめ

耳ダニは感染力がとても強く、多頭飼いであれば、1匹の猫から耳ダニが検出されたら、かなりの確率ですべての猫が耳ダニに感染していると言われます。
ですので、一緒に飼っている猫すべて動物病院へ連れて行き、検査、レボリューション塗布を行う事になります。
とてもお金が掛かります。
しかも、レボリューションは1度塗布して3~4週間後、再度塗布する事で高い確率で耳ダニを死滅させますので、2度目以降のレボリューション塗布は通販を利用して安く買って自分で塗布している人も多いです。

■ネットで最も安くレボリューションを買うならココ

EU版レボリューション/ストロングホールド(猫及び小犬用/2.5kg以下)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする