猫が吐くのは病気なの?

結論を言いますと、



猫は吐きます!!



猫が吐くのは当たり前な事なのです。


これ知ってとりあえずちょっとは安心出来た方も多いはず。
しかし、吐き方などによって病気を疑う必要のある事もあります。


それでは、どうして猫は吐くのか、また、病気の可能性がある場合はどんなケースなのかを確認してみます。

猫が吐く事の意味

先にも書きましたが、猫は吐いて当然な動物です。

吐く事には理由があります。

猫が吐く主な理由として、毛玉を吐き出すという大切な行為。


ご存知のように猫の毛って物凄く抜けます。
そして自らペロペロと毛繕いしてますよね。
その時、猫はかなりの毛を飲み込んでいます。
その毛を吐き出す行為なのです。


毛繕いしない猫はいないと思いますので、ほとんどの猫は吐いて当然という事です。

猫が毛を吐かないとどうなる?

猫が毛繕いをして飲み込んだ毛は、胃の中に入ります。
毛は消化できませんので、うんちとして排出するか、吐くかのどっちかになります。
飲み込んだ毛が、うんちとして排出もなく、吐きもしない、そういう場合、胃の出口に毛が塊となって出口を塞いでしまう>事があるのです。
また、胃粘膜を刺激したりもします。


毛球症と呼ばれる症状になります。


毛球症になると、以下のような症状がみられます。
食欲不振、下痢、便秘、吐き出そうとするが何も出ない、お腹を触られるのを嫌がる、主にそのような事が起きます。


要するにお腹の中に消化出来ない毛が溜まって胃の出口を塞いだりするワケですです。
この毛球症状が続く事で、食欲不振や嘔吐などが長引くことで脱水症状がおき、最終的には衰弱死…
ということも有り得ますし、腸をも塞いでしまう腸閉塞、腸に炎症が起きて腸膜炎、そして最悪死んでしまう事も有り得ます。


毎日せっせと毛繕いする綺麗好きな猫ですが、毛繕いで飲み込んだ毛を体内に残さない為、猫は吐きます。




吐く事は猫にとって凄く大切な事と知っていても、家の中でオエオエ吐かれてしまうのは困る…


その対策として、上からではなく、下(ウンチ)から排出するようにして貰えば良いと思います。

猫の毛をウンチから排出させる為に



上か下か、どっちでもいいから猫の体内から毛を排出すれば良いのです。


自分の家でも、廊下に吐かれたり、絨毯に吐かれたり…掃除が大変でした。
ですので、餌でウンチと一緒に毛を排出してくれるように工夫してます。

毛球症予防に特化したエサを使ってみる



エサに関して拘っている人も多いと思います。
素材や成分など、拘っている多いですよね。


うちの猫たちも基本的にベースとなっているエサは変えずに、補助的に毛球症予防のエサを与えてます。





エサで毛球症予防を行う

猫は完全なる肉食です。


それを意識してグレインフリーのエサを与えている飼い主も少なくは無いと思います。
しかし、人間もそうですが、繊維質の食べ物を食べないと、お通じが悪い時ありますよね?
猫も一緒なのです。
本来、猫には不要と思われる繊維質の食べ物ですが、それを食べる事で、胃の中で飲み込んだ毛と絡み合って、最終的に便と一緒に排出されるワケです。


毛球症予防として、毛玉ケアとかヘアボールクリア、なんて記載しているエサがそれになります。


うちではシーバ・デュオをおやつで与えてますが、その中にヘアボールクリアというのがあるので、それを食べさせてます。

シーバデュオは中はとろ~っと、外はカリっと、とっても美味しそうです。
うちの猫も大好きです。
ただ、カロリーがちょっと高いので、与えすぎに注意ですね。


うんちで毛玉を排出させる事で毛球症を予防できますが、自然界の猫(野良猫)はヘアボールクリアのエサなんて食べるワケがありません。
ですので、猫本来の姿とは言えないかも知れません…
本当は口から毛玉を吐くのが猫本来の姿です。





猫が吐く事で疑われる病気もある



今まで書いたように、猫が吐く事はごく自然なことで、役割があるという事がお分かり頂けたと思います。
しかし、猫が吐くのは自然、でも、それが病気のサインだったりする時もあるので、併せて知っておくことが大切です。


猫が吐いた時、以下の4点をチェックして下さい。

  • 週に1回以上吐かない
  • 体重が減っていない
  • 食欲が衰えていない
  • 下痢をしていない

上記4点、どれにも当てはまっていないのであれば、それほど問題ではありません。
お腹に溜まった毛玉を吐き出す行為だったと言えるでしょう。


逆に、何回も吐いたり、食欲がなくなったり…などの場合は動物病院へ連れて行きましょう。

EU版レボリューション/ストロングホールド(猫及び小犬用/2.5kg以下)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする